コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長良川鵜飼観覧船

1件 の用語解説(長良川鵜飼観覧船の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長良川鵜飼観覧船

観覧船は木造製と強化プラスチック製があり、造船所では木造製のみ造っている。計44隻のうち、木造製は27隻。毎年1~2隻、造船所で新しく造られる。木造製は30人乗り(全長15.8メートル)、20人乗り(同14メートル)、15人乗り(同12.3メートル)の3種類。岐阜市教育委員会は4年前、木造観覧船の造船技術を市重要無形民俗文化財に指定した。長良川流域でみられた荷舟など大型の川船をつくる技術に屋形を載せるための技術が加わり発達したと考えられ、文化財としての価値を満たしているという。鵜匠が乗る鵜舟は郡上市の舟大工が造っている。

(2014-04-07 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長良川鵜飼観覧船の関連キーワードプラスチック爆弾プラスチックマネー繊維強化プラスチック炭素繊維強化プラスチック強化プラスチック廃プラスチック類プラスチック産業資材新聞マルスプラスチックガラス繊維強化プラスチック日本プラスチック工業

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長良川鵜飼観覧船の関連情報