長谷川 幸延(読み)ハセガワ コウエン

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の小説家,劇作家,演出家 日本演劇協会評議員;日本放送作家協会評議員。



生年
明治37(1904)年2月11日

没年
昭和52(1977)年6月27日

出生地
大阪市曽根崎

主な受賞名〔年〕
新潮社文芸賞(第5回)〔昭和17年〕「冠婚葬祭」,大阪芸術賞〔昭和41年〕

経歴
幼小より演劇に親しみ、大正12年戯曲「路は遙けし」により、劇作家、演出家として出発。14年大阪放送開局と共に嘱託となり、ラジオ・ドラマを執筆。昭和14年に上京、長谷川伸門下となり、16年「冠婚葬祭」(第5回新潮賞)で小説家としての地歩も固める。代表作に「寄席行燈」「桂春団治」、劇作殺陣師段平」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長谷川 幸延の関連情報