長谷川 朝風(読み)ハセガワ チョウフウ

20世紀日本人名事典の解説

長谷川 朝風
ハセガワ チョウフウ

大正・昭和期の日本画家,俳人



生年
明治34(1901)年11月29日

没年
昭和52(1977)年8月31日

出生地
岐阜県安八郡墨俣町

本名
長谷川 慎一

学歴〔年〕
京都市立絵画専門学校卒

主な受賞名〔年〕
院展日本美術院賞次賞(大観賞)〔昭和31年〕「

経歴
安田靱彦門下。昭和14年院展に初入選し、以後殆ど毎回出品。31年「絃」で大観賞を受賞し翌年無鑑査となる。40年頃より日本美術院特待画家。俳句は11年飯田蛇笏に師事し、「雲母」同人。「雲母」岐阜支社を設立、戦後岐阜県俳句作家協会設立にも尽力した。22年松村蒼石と「玉虫」を創刊主宰、28年廃刊。句集「木偶微笑」、「長谷川朝風画集」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android