コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川常時

美術人名辞典の解説

長谷川常時

江戸中期の狩野派の画家。薩摩生。字は養辰、号は観海堂。狩野常信の門に学ぶ。享保11年(1726)歿。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android