コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川 一夫 ハセガワ カズオ

2件 の用語解説(長谷川 一夫の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

長谷川 一夫
ハセガワ カズオ

昭和期の俳優



生年
明治41(1908)年2月27日

没年
昭和59(1984)年4月6日

出生地
京都府京都市伏見区桃山

別名
別名=中村 一夫,嵐 佳寿夫,林 長丸,林 長二郎(ハヤシ チョウジロウ)

主な受賞名〔年〕
菊池寛賞〔昭和32年〕,紫綬褒章〔昭和40年〕,文部大臣表彰〔昭和53年〕,勲三等瑞宝章〔昭和53年〕,松尾芸能賞大賞(第2回)〔昭和56年〕,菊田一夫演劇賞〔昭和57年〕,国民栄誉賞〔昭和59年〕

経歴
5歳で初舞台に立ち、歌舞伎俳優を目ざして修業後、昭和2年松竹下加茂に入社。芸名を林長二郎として主演した第1作「稚子の剣法」で一躍スターに。それから半世紀余、映画に舞台に“100万ドルの流し目”で雪之丞、平次、内蔵助など時代劇の二枚目だけを演じ続けた。この間「雪之丞変化」の大ヒットから2年後の12年、松竹から東宝へ移って間もなく暴漢に顔を切りつけられたが、かえって人気は高まり、事件後、芸名を本名の長谷川一夫に戻している。戦後、新演伎座を設立して映画・演劇活動をしたが、経営に失敗。25年大映に入社。代表作は「雪之丞変化」「藤十郎の恋」「銭形平次シリーズ「地獄門」「近松物語」など。また30年からは年2回の「東宝歌舞伎」を主宰して大成功し、テレビにも出演のほか宝塚歌劇を演出、49年の「ベルサイユのばら」は“ベルばら”ブームを呼んだ。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

長谷川 一夫
ハセガワ カズオ


職業
俳優

本名
長谷川 一夫

別名
前名=中村 一夫,嵐 佳寿夫,林 長丸,林 長二郎(ハヤシ チョウジロウ)

生年月日
明治41年 2月27日

出生地
京都府 紀伊郡堀内村(京都市伏見区桃山)

経歴
京都・伏見の造り酒屋生まれる。5歳の時、生家が副業で経営していた芝居小屋で、代役として初舞台を踏む。中村一夫、嵐佳寿夫を経て、大正7年初代中村鴈治郎の門に入り、林長丸の名で関西歌舞伎の若手として活躍。昭和2年松竹下加茂に入社。芸名を林長二郎として「稚子の剣法」で映画デビュー、初々しい美剣士ぶりと歌舞伎の所作を取り入れた華麗なチャンバラで、たちまち人気を得、つづく衣笠貞之助監督「お嬢吉三」「鬼あざみ」などで大スターとなる。以後、松竹で11年間に約120本に出演、特に衣笠監督の作品にすぐれたものが多く、なかでも一人三役を演じた「雪之丞変化」(3部作 10〜11年)は映画史上空前のヒット作となり、代表作となった。12年東宝に移籍。撮影の帰路、暴漢に顔を切りつけられる事件に遭う。13年林長二郎の芸名を返上し、本名の長谷川一夫を名乗り、「藤十郎の恋」で再起。以後、「鶴八鶴次郎」「白蘭の歌」「支那の夜」「蛇姫様」「昨日消えた男」「男の花道」「婦系図」などの娯楽作品に出演、人気を不動のものとする。戦後、23年(株)新演伎座を設立して映画・舞台活動をしたが、経営に失敗。25年大映に入社。主に時代劇に出演し、「銭形平次捕物控」シリーズ(全18作 24〜38年)を当たり役としたほか、「源氏物語」(吉村公三郎監督 26年)、カンヌ国際映画祭グランプリを獲得した「地獄門」(衣笠監督 28年)、「近松物語」(溝口健二監督 29年)などの名作でも好演技を見せた。32年大映取締役に就任。38年300本記念映画「雪之丞変化」(市川崑監督)を製作。同年大映を退社。30年からは年2回の「東宝歌舞伎」を主宰して大成功を収め、49年には宝塚歌劇「ベルサイユのばら」を演出、“ベルばら”ブームを呼んだ。テレビはNHK大河ドラマ赤穂浪士」の内蔵助役で初主演、のちTBS半七捕物帳」シリーズ(42〜44年)などに出演した。32年菊池寛賞、40年紫綬褒章を受賞。半世紀余にわたり、映画に舞台に“100万ドルの流し目”で時代劇のヒーローを美しく演じ続けた。

受賞
国民栄誉賞〔昭和59年〕 紫綬褒章〔昭和40年〕,勲三等瑞宝章〔昭和53年〕 ブルーリボン賞大衆賞(第4回 昭28年度)「地獄門」ほか,京都市民映画祭主演男優賞〔昭和29年〕「近松物語」,菊池寛賞(第5回)〔昭和32年〕,文部大臣表彰〔昭和53年〕,芸能功労者表彰(第6回)〔昭和55年〕,松尾芸能賞(特別大賞 第2回)〔昭和56年〕,菊田一夫演劇賞(大賞 第6回 昭55年度)〔昭和56年〕「東宝歌舞伎」

没年月日
昭和59年 4月6日 (1984年)

家族
長男=林 成年(俳優),長女=長谷川 季子(女優),二女=長谷川 稀世(女優),孫=長谷川 かずき(女優)

親族
姪=長谷川 裕見子(女優)

伝記
長二郎変化二枚目の疵―長谷川一夫の春夏秋冬むかし長谷川。いま、舟木「雪の渡り鳥」―立石一夫ベストセレクション〈2〉映画俳優日本のアクション映画―裕次郎から雷蔵まで小説 長谷川一夫俳優(スター)の美学 長谷川 稀世 著矢野 誠一 著立石 一夫 著佐藤 忠男 著西脇 英夫 著山村 美紗 著佐藤 忠男 著(発行元 長谷川一夫生誕百年祭実行委員会,求竜堂〔発売〕文芸春秋鶴書院,星雲社〔発売〕晶文社社会思想社文芸春秋未来社 ’08’04’03’03’96’89’87発行)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川 一夫の関連キーワード総合年表(ヨーロッパ)総合年表(北・東・東南アジア)日本年号一覧姓名/日本のおもな姓氏季語総合年表(アメリカ)総合年表(西・南アジア)日本名数小辞典日本神話の神々

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川 一夫の関連情報