長谷川 三郎(読み)ハセガワ サブロウ

  • 長谷川 三郎 (はせがわ さぶろう)

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の洋画家



生年
明治39(1906)年9月6日

没年
昭和32(1957)年3月11日

出生地
山口県長府市

学歴〔年〕
東京帝大文学部美学美術史学科〔昭和4年〕卒

経歴
大阪信濃橋洋画研究所で洋画を学び小出楢重に師事。昭和2年野間清六らと朝鮮に旅行。4年アメリカからヨーロッパに遊学、パリ滞在中の5年サロン・ドートンヌに出品して入選。9年帰国して二科展に出品し入選した。同年村井正誠、山口薫らと月例発表会「新時代洋画展」を企画、11年まで開催。12年自由美術家協会を結成、第1回展に「蝶の軌跡」など抽象主義絵画を発表、同年白亜社を創設、実用美術活動にも力を入れた。戦中は滋賀県長浜に疎開。戦後23年自由美術家協会展から活動を開始。25年イサム・ノグチらと親交、28年日本アブストラクト・アート・クラブを設立、翌年渡米、ニューヨークで個展を開き日米抽象絵画展、国際版画展などに出品した。帰国後に再渡米、30年カリフォルニア美術大学客員教授となり、サンフランシスコのアメリカ東洋文化研究所で東洋美術史などを講じた。日本抽象絵画の草分けの一人で、著書に「アブストラクト・アート」「モダン・アート」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1906年9月6日
昭和時代の洋画家。カリフォルニア美術大学客員教授
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長谷川 三郎の関連情報