長野県上水内郡小川村(読み)おがわ〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕小川〈村〉(おがわ〈むら〉)


長野県北部、犀(さい)川に注ぐ土尻(どじり)川上流域の村。上水内(かみみのち)郡
稲作葉タバコ・野菜の栽培と畜産が行われる。南部をオリンピック道路の白馬ルートが横断する。大洞(おおどう)高原には天文台プラネタリウムがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android