コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県上田市 うえだ〈し〉

1件 の用語解説(長野県上田市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕上田〈市〉(うえだ〈し〉)


長野県東部にある市。
北部は菅平(すがだいら)高原、南部は美ヶ原高原の2000メートル級の山々に囲まれ、市の中央部を千曲(ちくま)川が東西に流れる。2006年(平成18)3月、旧・上田市と小県(ちいさがた)郡丸子町、同真田町、同武石村が合併して成立。旧・上田市は近世には上田城の城下町。明治期からは製糸業で栄え、上田紬(つむぎ)が有名。電機・輸送用機器・非鉄金属・食品などの工場がある。畜産や高原野菜・花卉(かき)の栽培が行われる。とくに旧・丸子町ではリンドウと薬用ニンジンを特産する。旧・真田町は戦国武将の真田氏発祥の地で、ゆかりのある史跡が点在する。塩田平(しおだだいら)は「信州の鎌倉」とよばれ、安楽(あんらく)寺・常楽(じょうらく)寺など国宝や重要文化財をもつ寺社が多い。菅平高原はスキー場で名高い。美ヶ原高原にもスキー場があり、美ケ原高原美術館、武石ともしび博物館などの観光施設もある。内村川上流に鹿教湯(かけゆ)温泉・大塩温泉・霊泉寺(れいせんじ)温泉が湧く。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県上田市の関連情報