長野県佐久市(読み)さく〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕佐久〈市〉(さく〈し〉)


長野県東部、佐久盆地に位置する市。
2005年(平成17)4月、旧・佐久市と南佐久(みなみさき)郡臼田町、北佐久郡望月町、同浅科村が合併して現在の姿となる。北に浅間山、南に八ケ岳連峰を望み、市の中央を千曲川が南北に流れる。旧・佐久市の岩村田(いわむらだ)地区は江戸時代の陣屋町・宿場町、野沢地区は市場町、中込(なかごみ)地区は近代の駅前集落から発展。佐久鯉の養殖、リンゴなどの果樹や、花卉(かき)、高原野菜、薬用ニンジンの栽培が盛ん。稲作、畜産も行われる。電機・機械などの工場がある。蓼科(たてしな)山東腹に、JAXA(ジャクサ)の臼田宇宙空間観測所がある。旧・浅科村地区は、江戸時代初期にひかれた五郎兵衛(ごろべえ)用水で知られる。旧中込学校は1875年(明治8)建築の洋式学校建築で、重要文化財。岩村田のヒカリゴケ産地は天然記念物に指定。五稜郭で知られる竜岡城跡は国の史跡。春日温泉、望月温泉が湧く。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野県佐久市の関連情報