長野県千曲市(読み)ちくま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕千曲〈市〉(ちくま〈し〉)


長野県北信地方の南東部に位置する市。
2003年(平成15)9月、更埴市更級(さらしな)郡上山田町、埴科(はにしな)郡戸倉町の合併により成立。西は冠着山(かむりきやま)、東は鏡台山(きょうだいさん)などの山々に囲まれ、市域の中央を東南から北東に曲がりながら千曲(ちくま)川が流れる。市の北部に更埴ジャンクションがあり、長野自動車道、上信越自動車道を結ぶ。リンゴ・花卉(かき)・アンズの栽培が盛んで、アンズの加工工場がある。その他、電機・機械・金属・飲料などの工場が進出。森・倉科地区はあんずの里として知られ、10万本のアンズの花の見ごろの時期には観光客が多い。千曲川沿いに戸倉上山田(かみやまだ)温泉が湧く。千曲川はまたアユ漁でも知られる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野県千曲市の関連情報