長野県南佐久郡佐久穂町(読み)さくほ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕佐久穂〈町〉(さくほ〈まち〉)


長野県の東南部に位置する町。南佐久(みなみさく)郡
町の中央部を千曲(ちくま)川が南北に流れる。2005年(平成17)3月、同郡の佐久町と八千穂村が合併して成立。町の中心部に佐久市の飛地がある。畜産、稲作、花卉(かき)・プルーンの栽培が盛ん。山間部では林業も行われる。リンゴやカラマツの苗木を産する。内外装用の鉄平石が特産品。八千穂高原にはスキー場やキャンプ場があり、四季を通じて観光客が多い。古谷(こや)渓谷には乙女の滝がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android