コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県大町市 おおまち〈し〉

1件 の用語解説(長野県大町市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕大町〈市〉(おおまち〈し〉)


長野県北西部、松本盆地の北部を占める市。
富山県・岐阜県との県境を有する。2006年(平成18)1月、北安曇(きたあずみ)郡八坂村、美麻村を編入して現在の姿となる。水力発電を背景に窯業・電機・繊維工場が進出。市の西部では稲作や高原野菜の栽培が行われる。北アルプスの後立山(うしろたてやま)連峰への登山基地で、立山黒部アルペンルートの東側の玄関口。北部に木崎(きざき)湖・中綱湖・青木湖の仁科三湖があり、大町温泉郷・葛温泉などの温泉やスキー場もある。権現山からは飛騨山脈(北アルプス)の眺望がよい。旧・八坂村地区には唐花見(からけみ)湿原があり、自然探勝ができる。町おこしとしてアルプス囲碁村を称しており、各種の囲碁関係のイベントには全国から多くの囲碁ファンが集う。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県大町市の関連情報