コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県大町市 おおまち〈し〉

1件 の用語解説(長野県大町市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕大町〈市〉(おおまち〈し〉)


長野県北西部、松本盆地の北部を占める市。
富山県・岐阜県との県境を有する。2006年(平成18)1月、北安曇(きたあずみ)郡八坂村、美麻村を編入して現在の姿となる。水力発電を背景に窯業・電機・繊維工場が進出。市の西部では稲作や高原野菜の栽培が行われる。北アルプスの後立山(うしろたてやま)連峰への登山基地で、立山黒部アルペンルートの東側の玄関口。北部に木崎(きざき)湖・中綱湖・青木湖の仁科三湖があり、大町温泉郷・葛温泉などの温泉やスキー場もある。権現山からは飛騨山脈(北アルプス)の眺望がよい。旧・八坂村地区には唐花見(からけみ)湿原があり、自然探勝ができる。町おこしとしてアルプス囲碁村を称しており、各種の囲碁関係のイベントには全国から多くの囲碁ファンが集う。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県大町市の関連情報