コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県安曇野市 あづみの〈し〉

1件 の用語解説(長野県安曇野市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕安曇野〈市〉(あづみの〈し〉)


長野県にある地名。
2005年(平成17)10月、東筑摩(ひがしちくま)郡明科町、南安曇(みなみあずみ)郡豊科町、同穂高町、同三郷村、同堀金村の合併により成立。この合併により、南安曇郡は消滅した。西部は中部山岳国立公園の山岳地帯であり、3000メートル級の山々が並ぶ。東部は安曇野とよばれる平坦な複合扇状地で、中房川、烏川、梓川、高瀬川などの河川が流れる。市名はこの「安曇野」にちなむ。稲作のほか、豊富な湧水を利用したワサビの栽培、ニジマス・ウグイの養殖が盛ん。そのほかリンゴ・花卉(かき)・シイタケなどの栽培、養蚕、酪農、養豚が行われる。電機・輸送用機器・精密機械などの工場が操業。旧・穂高町は彫刻家・荻原碌山(はぎわらろくざん)の出身地で、碌山美術館がある。市内には穂高・中房(なかぶさ)・豊科の温泉が湧く。豊科近代美術館、安曇野ジャンセン美術館など美術館も多い。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

長野県安曇野市の関連キーワード出生率リー イーユンいたばし太郎アン リー川原多美子佐藤友香小泉ポロンくるくるシルクindigoblue

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県安曇野市の関連情報