長野県木曽郡木曽町(読み)きそ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕木曽〈町〉(きそ〈まち〉)


長野県木曽郡中央部に位置する町。
2005年(平成17)11月、同郡の木曽福島町、日義村、開田村、三岳村が合併して成立。近世には中山道の宿場町として栄え、旧・木曽福島町には福島関所がおかれた。開田高原はかつては木曽馬の産地として知られた。旧・日義村は、平安時代末期に源義仲(みなもとのよしなか)が挙兵した地として知られる。高原野菜・ソバ・キノコ・リンゴの栽培、畜産が行われる。清酒の醸造も盛ん。山間部では林業も営まれ、木曽ヒノキを産する。御嶽山(おんたけさん)、木曽駒ケ岳、木曽駒高原などの観光資源を有し、ゴルフ場や別荘地がある。大口径のシュミット式望遠鏡を備える東京大学理学部附属天文学教育研究センター木曽観測所がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の6月中 (6月後半) のことで,太陽の黄経が 120°に達した日 (太陽暦の7月 23日か 24日) に始り,立秋 (8月7日か8日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android