長野県東御市(読み)とうみ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕東御〈市〉(とうみ〈し〉)


長野県東部、群馬県との県境に位置する市。
2004年(平成16)4月、北佐久(きたさく)郡北御牧村と小県(ちいさがた)郡東部町が合併して成立。トウモロコシ・ジャガイモ・薬用ニンジン・シクラメン・ブドウ・リンゴなどの栽培が行われる。クルミの生産量が多いことでも知られる。電機・自動車部品・金属などの工場がある。古くから良馬の産地として知られ、平安時代の朝廷牧場、御牧ケ原(みまきがはら)がある。本海野(もとうんの)地区は江戸時代、北国(ほっこく)街道の宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。上信越高原国立公園の湯の丸高原はレンゲツツジの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野県東御市の関連情報