長野県東御市(読み)とうみ〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕東御〈市〉(とうみ〈し〉)


長野県東部、群馬県との県境に位置する市。
2004年(平成16)4月、北佐久(きたさく)郡北御牧村と小県(ちいさがた)郡東部町が合併して成立。トウモロコシ・ジャガイモ・薬用ニンジン・シクラメン・ブドウ・リンゴなどの栽培が行われる。クルミの生産量が多いことでも知られる。電機・自動車部品・金属などの工場がある。古くから良馬の産地として知られ、平安時代の朝廷牧場、御牧ケ原(みまきがはら)がある。本海野(もとうんの)地区は江戸時代、北国(ほっこく)街道の宿場町で、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。上信越高原国立公園の湯の丸高原はレンゲツツジの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野県東御市の関連情報