長野県東筑摩郡筑北村(読み)ちくほく〈むら〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕筑北〈村〉(ちくほく〈むら〉)


長野県中央部に位置する村。東筑摩(ひがしちくま)郡
2005年(平成17)10月、同郡の本城村、坂北村、坂井村が合併して成立。東条川、安坂川、麻績(おみ)川などの河川が流れる。JR篠ノ井(しののい)線が通じ、隣接する松本市への通勤者も多い。野菜・キノコ・花卉(かき)の栽培と、畜産が行われる。旧・坂井村地区ではアカマツの林が広く、マツタケを特産。麻績川の差切(さしきり)峡近くに鳥立(とりたち)温泉が湧く。青柳城跡は県の史跡に指定。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android