コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野県諏訪郡下諏訪町 しもすわ〈まち〉

1件 の用語解説(長野県諏訪郡下諏訪町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕下諏訪〈町〉(しもすわ〈まち〉)


長野県中部、諏訪湖北岸の町。諏訪郡
諏訪大社下社(しもしゃ)の鳥居前町で、江戸時代は中山道・甲州街道の宿駅・温泉町。明治期には製糸業、第二次世界大戦中から精密機器工業が発展。下諏訪温泉は静養向きの温泉で、東部に八島ヶ原(やしまがはら)湿原(国の天然記念物)がある。諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館、下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館などの観光施設がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野県諏訪郡下諏訪町の関連情報