長野県諏訪郡下諏訪町(読み)しもすわ〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕下諏訪〈町〉(しもすわ〈まち〉)


長野県中部、諏訪湖北岸の町。諏訪郡
諏訪大社下社(しもしゃ)の鳥居前町で、江戸時代は中山道・甲州街道の宿駅・温泉町。明治期には製糸業、第二次世界大戦中から精密機器工業が発展。下諏訪温泉は静養向きの温泉で、東部に八島ヶ原(やしまがはら)湿原(国の天然記念物)がある。諏訪湖オルゴール博物館奏鳴館、下諏訪町立諏訪湖博物館・赤彦記念館などの観光施設がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例