長野県飯山市(読み)いいやま〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕飯山〈市〉(いいやま〈し〉)


長野県北東部の都市。
千曲川沿いの飯山盆地を占める。新潟県境に接し、豪雪地帯として知られる。地場産業の仏壇・仏具と和紙(内山紙)の製造が盛ん。稲作、アスパラガス花卉(かき)・キノコの栽培が行われ、電機やスポーツ用品製造工場などが進出。斑尾(まだらお)高原ではスキーのほかトレッキングも盛ん。戸狩(とがり)温泉付近には戸狩温泉スキー場がある。福島棚田の里の風景は日本の棚田百選に選ばれている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長野県飯山市の関連情報