長野県駒ヶ根市(読み)こまがね〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕駒ヶ根〈市〉(こまがね〈し〉)


長野県南部、伊那盆地中央部に位置する市。
かつては製糸業で栄え、現在は醸造・食品加工業が盛ん。電機・機械・輸送用機器などの工場も進出。中央アルプス(木曽山脈)の主峰木曽駒ケ岳(標高2956メートル)への登山基地で、頂上近くの千畳敷(せんじょうじき)カールまでロープウエーが通じる。山麓の駒ヶ根高原には名刹光前(こうぜん)寺(庭園は国の名勝)やスキー場がある。青年海外協力隊訓練所、長野県看護大学がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android