コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野空襲

1件 の用語解説(長野空襲の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長野空襲

1945年8月13日早朝から5回にわたり米軍機70機余りが長野駅や長野飛行場などを爆撃、畑にいた農民を狙って機銃掃射したとの記録が残る。長野空襲語り継ぐ会によると、爆風で防空壕(ごう)がつぶれて3人の子どもが生き埋めになるなど47人が犠牲になった。

(2013-08-14 朝日新聞 朝刊 長野東北信 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長野空襲の関連キーワード庭田重能猿渡容盛渡忠秋君の名は貞観地震供託法谷渡り八王子空襲板垣武四村松喬

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長野空襲の関連情報