コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長野電鉄屋代線の廃止問題

1件 の用語解説(長野電鉄屋代線の廃止問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

長野電鉄屋代線の廃止問題

須坂―屋代を結ぶ屋代線の利用者は、1965年の330万人をピークに2007年度は48万5千人に。赤字累積で、長野電鉄は09年1月に長野、須坂、千曲3市に存続のため活性化協議会の設置を要請。利用者増の実証実験に取り組んだが、この2月、協議会は多数決で廃止とバス代替を決めた。長野市の沿線住民は、3市と県が経営に関与しての存続を求めている。

(2011-04-07 朝日新聞 朝刊 長野全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

長野電鉄屋代線の廃止問題の関連キーワードグアンタナモ基地ダルビッシュ有貴ノ浪貞博パリ協定スズキ相良工場北上市の企業誘致県内の児童虐待などの現状検視と死因究明折尾土地区画整理事業外国人の介護福祉士

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone