長野 国助(読み)ナガノ クニスケ

20世紀日本人名事典の解説

長野 国助
ナガノ クニスケ

大正・昭和期の弁護士 日弁連会長;全国人権擁護委員連合会会長。



生年
明治20(1887)年6月11日

没年
昭和46(1971)年4月12日

出生地
愛媛県

学歴〔年〕
明治大学法学部〔明治45年〕卒

経歴
大正7年弁護士登録。10年自由法曹団結成に参加。昭和11年総選挙での警察の人権蹂躙を糾弾するなど、人権事件を多く担当した。最高裁裁判官任命諮問委員、東京弁護士会会長、日弁連会長、全国人権擁護委員会連合会会長のほか日本アジア連帯委員会理事長、日ソ交流協会理事長、日中文化交流協会顧問、日朝協会会長などを歴任した。その間、25年レッドパージでは自由法曹団の解散を主張して脱退。39年ブラジルのクーデターでは国際弁護団団長として活躍した。中野学園理事長、明治大学理事長なども務めた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

長野 国助 (ながの くにすけ)

生年月日:1887年6月11日
大正時代;昭和時代の弁護士。日本弁護士連合会会長;全国人権擁護委員連合会会長
1971年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

高橋留美子

[1957~ ]漫画家。新潟の生まれ。少年及び青年向けの漫画を描く女流の第一人者。コメディータッチのSFやスラップスティック、現代の若者の恋愛など多様なジャンルを描き、絶大な人気を得る。代表作「うる星...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android