コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)] チョウオンカイ

1件 の用語解説(長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]

いわゆるドレミファソレシド、ミとファの間、シとドの間が半音でその他は全音の間隔で作られている音階。西洋音楽で最も一般的な音階で明るく陽気な旋律を作る、これに対象的なのが短音階、優しくもの悲しい旋律を作る。長音階の特徴は音階の始まる主音ドの音の上にできる和音が長3和音である。明治時代に西洋音楽教育の洗礼を受けた日本では一般的に音階と言えば長音階、と短音階が代表的になってしまったが、日本の陽旋法、や陰旋法等をはじめとして、世界各国には色々な音階があることを再確認しなくてはいけない。ヨーロッパで長調や短調などが

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]の関連キーワードサンステファノ条約ブルキナファソセミファイナルホストファミリーイールドレシオインフォーマルドレスウエストファリアブッファンスカートアルファ層

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone