コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)] チョウオンカイ

音楽用語ダスの解説

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]

いわゆるファド、ミとファの間、シとドの間が半音でその他は全音の間隔で作られている音階。西洋音楽で最も一般的な音階で明るく陽気な旋律を作る、これに対象的なのが短音階、優しくもの悲しい旋律を作る。長音階の特徴は音階の始まる主音ドの音の上にできる和音が長3和音である。明治時代に西洋音楽教育の洗礼を受けた日本では一般的に音階と言えば長音階、と短音階が代表的になってしまったが、日本の陽旋法、や陰旋法等をはじめとして、世界各国には色々な音階があることを再確認しなくてはいけない。ヨーロッパで長調や短調などが

出典 (株)ヤマハミュージックメディア音楽用語ダスについて 情報

長音階[Major scale (英), Durtonleiter(独), gamme majeure(仏), scale maggiore (伊)]の関連キーワード五音音階(ペンタトニックスケール)[pentatonic scale]全音階(ダイアトニックスケール) [ diatonic scale]導音 [ leading note, leading tone]メジャー・スケール[major scale]属音(ドミナント)[dominant]教会旋法[church mode]下属音 [subdominant]短音階 [minor scale]長調 [major key]スケール [scale]音階 [scale]主音[tonic]メジャーコードV度のコードブルーノートヨナ抜き音階イオニア旋法教会旋法全音階幹音