コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

開田[村] かいだ

世界大百科事典 第2版の解説

かいだ【開田[村]】

長野県南西部,木曾郡の村。人口1999(1995)。御嶽山の北東麓にあり,西は岐阜県に接する。ほぼ全域が山林・原野で占められ,中央部を南流する西野川,把之沢川,末川沿いにわずかに耕地が開かれ,集落が点在する。かつては木曾駒の産地であったが,現在は乳・肉用牛が飼育され,また冷涼な気候を利用して野菜の栽培も盛んである。南西部一帯は御岳県立自然公園に属する開田高原が広がり,キャンプ場ゴルフ場などのスポーツ,レクリエーション施設がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

開田[村]の関連キーワードコソボ[各個指定]工芸技術部門小沢剛小渕恵三内閣黒沢清難波和彦東チモール問題青木淳MVRDV

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android