開示債権(読み)かいじさいけん

大辞林 第三版の解説

かいじさいけん【開示債権】

銀行や信用金庫などの預金取り扱い金融機関が金融再生法に基づき公表する不良債権。リスク管理債権と違い、債務者単位で財務・経営状況を基準に査定している金融再生法開示債権。 → 不良債権リスク管理債権

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android