コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間の間・相の間 あいのま

大辞林 第三版の解説

あいのま【間の間・相の間】

(「相の間」と書く)主要な二つの部屋の間にあるつなぎの部屋。社寺建築で、本殿と拝殿、礼堂と祠堂しどうとの間にある部屋。権現造り・八幡造りなどにみられる。
柱間はしらま寸法の一。京間と田舎間との中間の広さ。六尺間。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

間の間・相の間の関連キーワード八幡造り権現造り社寺建築京間礼堂

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android