コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間狂言(イギリス演劇) あいきょうげん

世界大百科事典内の間狂言(イギリス演劇)の言及

【インタールード】より

…ルネサンス期イギリスにおける演劇形式のひとつ。元来,2人ないしそれ以上の少数の役者の間interで演じられる劇ludusとする説と,宴会のコースの間あるいは劇の幕間に演じられる劇とする説の,二通りの解釈があるが,ふつう後者の意味をとって〈間(あい)狂言〉と邦訳される。一般に世俗的,喜劇的,笑劇的な性格をもち,王侯貴族の宮殿や邸宅で演じられた。…

※「間狂言(イギリス演劇)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android