コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間竿・間棹 けんざお

大辞林 第三版の解説

けんざお【間竿・間棹】

間数を測るための竹竿。検地などに用いられた。検地竿。 〔豊臣氏は六尺三寸、徳川氏は六尺一分のものを用いた〕
尺杖しやくづえ」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

間竿・間棹の関連キーワード検地竿徳川氏豊臣氏竹竿間数検地

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android