コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閔妃殺害事件(乙未事変)

1件 の用語解説(閔妃殺害事件(乙未事変)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

閔妃殺害事件(乙未事変)

朝鮮王朝の実権を握り、排日・親露政策をとっていた閔妃に対し、日本公使の三浦梧楼は、閔妃の政敵である大院君を擁して親日政権を作ろうと画策。1895年10月8日早朝、日本軍守備隊、警察官らによる一団が王宮の景福宮を襲撃し、閔妃を斬殺した。親日政権が作られたものの、事件の一部始終を宮廷内にいた米国人、ロシア人らに目撃されており、国際的な非難を浴びた。日本政府は三浦ら関係者を帰国させ、裁判にかけたが、証拠不十分で免訴、釈放となった。親日政権は民衆の反日義兵闘争でつぶれ、翌96年には親露派内閣が誕生した。

(2007-08-28 朝日新聞 朝刊 東特集D)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

閔妃殺害事件(乙未事変)の関連キーワード李完用王莽高麗茶碗朝鮮王朝実録閔妃握る朝鮮王室儀軌阿只抜都金允植

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone