コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

閔妃殺害事件(乙未事変)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

閔妃殺害事件(乙未事変)

朝鮮王朝の実権を握り、排日・親露政策をとっていた閔妃に対し、日本公使の三浦梧楼は、閔妃の政敵である大院君を擁して親日政権を作ろうと画策。1895年10月8日早朝、日本軍守備隊、警察官らによる一団が王宮の景福宮を襲撃し、閔妃を斬殺した。親日政権が作られたものの、事件の一部始終を宮廷内にいた米国人、ロシア人らに目撃されており、国際的な非難を浴びた。日本政府は三浦ら関係者を帰国させ、裁判にかけたが、証拠不十分で免訴、釈放となった。親日政権は民衆の反日義兵闘争でつぶれ、翌96年には親露派内閣が誕生した。

(2007-08-28 朝日新聞 朝刊 東特集D)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone