コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関とゾーリンゲン

1件 の用語解説(関とゾーリンゲンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関とゾーリンゲン

関の刃物生産は鎌倉末期から始まったとされる。刀づくりに必要な良質の土や、長良川と津保川の豊富な水を目当てに、多くの刀匠が集まった。包丁の出荷額では、岐阜は国内シェア51%(2010年)を占め、2位の新潟(35.6%)を引き離す。独ゾーリンゲンの刃物の歴史は12世紀から。薪が豊富にとれる森林や、生産した刃物を運ぶライン川の支流、良質の鉱石など好条件に恵まれ、多くの刃物メーカーが集まる。関とゾーリンゲンは英シェフィールド市とともに世界の三大刃物産地といわれる。

(2014-05-03 朝日新聞 朝刊 2経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

関とゾーリンゲンの関連キーワード生物生産邪見の刃備後物天爾葉大概抄おたふく寒知らず吉祥寺うど青土佐紙源氏物語・大沢本三島〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone