コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関の弥太っぺ せきのやたっぺ

1件 の用語解説(関の弥太っぺの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せきのやたっぺ【関の弥太っぺ】

1929年(昭和4),総帥の沢田正二郎が急死して危機にあった新国劇のために長谷川伸書き下ろした戯曲で,8月,帝国劇場で初演され好評を博した。主人公関の弥太郎は,のちに島田正吾当り役になった。長谷川伸に心酔していた講釈師服部伸(1880‐1974。この名も長谷川から1字もらったもの)がゆずりうけて講談化し,十八番としたほか,浪曲化もされて天才少女浪曲家といわれた春日井おかめ(1957引退)が演じたりしたのも,股旅ものの典型である題材が,これらの芸にふさわしかったからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

関の弥太っぺの関連キーワード秋月正夫沢田正二郎行友李風剣劇新国劇辰巳柳太郎月形半平太高田正二郎中井哲久松喜世子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone