関三十郎(5代)(読み)せき さんじゅうろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「関三十郎(5代)」の解説

関三十郎(5代) せき-さんじゅうろう

1879-1931 明治-大正時代歌舞伎役者
明治12年7月2日生まれ。4代関三十郎の子。明治15年市村座で初舞台をふみ,40年明治座で5代三十郎を襲名浅草座,蓬莱座(ほうらいざ)の座主,座頭(ざがしら)をつとめた。実事を得意とした。昭和6年2月25日死去。53歳。東京出身。本名は関富成。前名は関花助。俳名は歌山。屋号尾張屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android