コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関口正男

美術人名辞典の解説

関口正男

日本画家。大正元年(1912)東京生。仏画の第一人者荒井寛方に師事、のち堅山南風門下に入る。第三十回院展で「小姐」が初入選して以来毎回入選を果たし、日本の古代や仏教の始源を題材に「塔」「斑鳩の浄土」等を発表、奨励賞・白寿賞・日本美術院賞・大観賞等多数受賞。昭和五八年日本美術院同人となる。確かな技術を背景に、仏画を主柱とした清澄な作風を特色とした。総理大臣賞・文部大臣賞受賞・山種美術賞展入賞。埼玉県住。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

関口正男の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門白瀬矗光の科学史大正准州ヤマサキバーブ明治天皇ジゴマ

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone