コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関東十刹・関東じっせつ かんとうじっさつ

大辞林 第三版の解説

かんとうじっさつ【関東十刹・関東じっせつ】

〔「関東じっせつ」とも〕
室町時代以後、鎌倉五山に次ぐ寺格とされた関東の臨済宗の十大寺。普通、禅興寺・瑞泉寺・東勝寺・万寿寺・大慶寺・善福寺・長楽寺・興聖寺・東漸寺・法泉寺をいうが、時期により数も含めて異同がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関東十刹・関東じっせつの関連キーワード鎌倉五山東勝寺東漸寺臨済宗十大寺善福寺瑞泉寺興聖寺万寿寺長楽寺寺格異同

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android