関根 正直(読み)セキネ マサナオ

20世紀日本人名事典の解説

関根 正直
セキネ マサナオ

明治〜昭和期の国文学者,教育家,有職故実家 東京女高師教授。



生年
安政7年3月3日(1860年)

没年
昭和7(1932)年5月26日

出生地
江戸・日本橋茅場町(東京都中央区)

学歴〔年〕
帝国大学文科大学(現・東大文学部)古典講習科〔明治19年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔明治42年〕

経歴
中村正直(敬宇)に私淑して改名。有職故実に詳しく、はじめ「古事類苑」の編纂に参画したのち、華族女学校教授、学習院教授、東京女高師教授などを歴任。また大槻文彦の没後は新村出とともに「大言海」の完成に尽力した。著書に故実についての「有職故実辞典」「禁秘抄講義」「公事根源新釈」「装束甲冑図解」「宮殿調度図解」「服制の研究」、歴史物語の注釈「大鏡新註」「今鏡新註」、考証随筆「からすかご」など多数。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

関根 正直 (せきね まさなお)

生年月日:1860年3月3日
明治時代-昭和時代の国文学者;教育家
1932年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android