コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関沢明清(1843~1897)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

関沢明清(1843~1897)

金沢藩士の次男に生まれ、蘭学(らんがく)を学び、藩命で英国留学。明治政府の事務官となってウィーン万博やフィラデルフィア万博を視察し、サケ養殖や放流技術、缶詰め製法などを導入した。水産伝習所(東京海洋大の前身)の初代所長を務めた。晩年館山に移住、経営者として捕鯨や遠洋マグロ漁に従事した。

(2012-10-13 朝日新聞 朝刊 ちば首都圏 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

関沢明清(1843~1897)の関連キーワードきんちゃく網(巾着網)織田完之巾着網水産業

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android