コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関税同盟[ドイツ] かんぜいどうめい[ドイツ]Zollverein, Deutscher

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関税同盟[ドイツ]
かんぜいどうめい[ドイツ]
Zollverein, Deutscher

1834年に発足し,以後次第に拡大したドイツ諸邦の関税同盟。 18年プロシアは国内交易関税を廃止,近隣諸邦もこれに協調,28年に二十余邦が同盟を結んだ。これに対し南部ではバイエルン,ウュルテンベルクなどの南ドイツ関税同盟,中部にも中部ドイツ通商同盟が成立。プロシアが合同を働きかけ,34年ほぼ全ドイツにわたる関税同盟に統一した。さらに 1880年代までにはオーストリアを除いた全ドイツの関税同盟となり,ドイツ産業資本の発達の支えとなった。思想的にはドイツの国民経済学者 F.リストの影響が強いが,プロシアの主導によるドイツの政治的統一の前提をつくった意味でも重要。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関税同盟[ドイツ]の関連キーワードイーストレーキカックランキダーコープランドレースラー葛飾北斎野村軍記ファトフ・アリー・シャー服飾雑誌画論

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android