闌曲・蘭曲・乱曲(読み)らんぎょく

大辞林 第三版の解説

らんぎょく【闌曲・蘭曲・乱曲】

能で、「闌たけたる位くらい」という最高の芸境に達してはじめて謡える曲。五音ごおんの最高位の曲。現行の各流の闌曲はすべて独吟であり、廃曲の一部分(特にクセを中心とする部分)が残ったものが多い。金春流・喜多流では曲舞くせまいとも呼ぶ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android