コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪大論文捏造問題

1件 の用語解説(阪大論文捏造問題の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阪大論文捏造問題

04年10月の米医学誌「ネイチャー・メディシン」に掲載された論文について05年3月、実験の画像データが不正に操作されていることが発覚。5月に調査委員会が設置された。調査委員は、医学系研究科の教授7人に薬学研究科教授、人間科学研究科教授、弁護士、民間研究機関の所長を加えた計11人で、同年8月に調査を終えた。論文の著者14人のうち、大学側は責任筆者の下村伊一郎教授を停職2週間、学生の所属講座の竹田潤二教授を停職1カ月、指導役の研究員を戒告の、それぞれ懲戒処分にした。筆頭著者の学生(6年)は厳重注意処分にとどまった。

(2006-02-17 朝日新聞 朝刊 3社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪大論文捏造問題の関連キーワードビデオキャプチャーいちゃいちゃくいちゃあパンチャーネイチャー岩漿性チャートアートネイチャーネイチャーゲームネイチャースキー

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone