阪急阪神ホールディングス(株)(読み)はんきゅうはんしんほーるでぃんぐす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阪急阪神ホールディングス(株)
はんきゅうはんしんほーるでぃんぐす

鉄道、旅行業、ホテルグループを統括する持株会社。2005年(平成17)4月阪急電鉄が純粋持株会社に移行して、阪急ホールディングスに名称変更、阪急電鉄分割準備株式会社が阪急電鉄と名称変更し、旧阪急電鉄の営業を承継した。2006年10月に阪神電気鉄道と経営統合し、現社名となる。おもな子会社に阪急電鉄、阪神電気鉄道、阪急阪神交通社ホールディングス、阪急阪神ホテルズがある。また、関連会社に阪急百貨店と阪神百貨店の経営統合(2007)により誕生した持株会社エイチ・ツー・オー リテイリングがある(2008年に阪急・阪神両百貨店は合併、阪急阪神百貨店となる)。阪急阪神ホールディングスの資本金995億円(2008)、売上高7523億円(2008。連結ベース)。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android