コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪昌文

1件 の用語解説(阪昌文の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

阪昌文

昌周の男、村田春海義弟。『不忘旧儀抄』二巻の著書あり。寛政2年(1790)歿。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪昌文の関連キーワード村田春郷村田春野村田春道林田春海村田春枝江戸派琴後集片岡芳香昌周村田多勢子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone