阪東秀代(初代)(読み)ばんどう ひでよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪東秀代(初代) ばんどう-ひでよ

1827-1900 幕末-明治時代の舞踊家。
文政10年生まれ。中村宗十郎の妻。幕臣の娘。2代坂東しうかの門人となり,天保(てんぽう)14年(1843)阪東秀代の名で江戸市村座に出演。23歳で名古屋にうつり舞踊教授となる。初代西川鯉三郎をおしえ,夫にも舞踊の奥義をつたえた。明治33年7月28日死去。74歳。本名は川澄ウラ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android