コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪東秀代(初代) ばんどう ひでよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阪東秀代(初代) ばんどう-ひでよ

1827-1900 幕末-明治時代の舞踊家。
文政10年生まれ。中村宗十郎の妻。幕臣の娘。2代坂東しうかの門人となり,天保(てんぽう)14年(1843)阪東秀代の名で江戸市村座に出演。23歳で名古屋にうつり舞踊教授となる。初代西川鯉三郎をおしえ,夫にも舞踊の奥義をつたえた。明治33年7月28日死去。74歳。本名は川澄ウラ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阪東秀代(初代)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門ウォルシュ女医冒険小説カニング冬の旅ゴーブルブラックマーティンマクシモビッチ