阪神大水害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阪神大水害

1938年7月3~5日に降り続いた集中豪雨で、6月からの長雨でゆるんでいた地盤各地崩壊河川も氾濫し、大きな石や流木土砂が大量に市街地に押し寄せた。神戸市を中心に阪神間の広い範囲で、建物の倒壊鉄道などの損壊が相次ぎ、国土交通省によると死者行方不明者は695人。被害家屋は11万9895戸。

(2014-09-11 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪神大水害の関連情報