阪神大水害

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阪神大水害

1938年7月3~5日に降り続いた集中豪雨で、6月からの長雨でゆるんでいた地盤各地崩壊河川も氾濫し、大きな石や流木土砂が大量に市街地に押し寄せた。神戸市を中心に阪神間の広い範囲で、建物の倒壊鉄道などの損壊が相次ぎ、国土交通省によると死者行方不明者は695人。被害家屋は11万9895戸。

(2014-09-11 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪神大水害の関連情報