コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪神大震災とアスベスト

1件 の用語解説(阪神大震災とアスベストの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阪神大震災とアスベスト

石綿は極めて細い繊維状の鉱物で、建物の耐火材や断熱材などに使用されていたが、現在は製造や使用が禁じられている。NPO法人ひょうご労働安全衛生センターによると、阪神大震災の復旧作業で石綿によるがんの一種「中皮腫」を発症したとして、2008年以降4人が労災認定されている。

(2013-01-09 朝日新聞 朝刊 3総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阪神大震災とアスベストの関連キーワード石綿スレート鉱物繊維絹糸光沢静かなる時限爆弾繊維状変晶質組織ステレートケリファイト状組織石綿(アスベスト)と石綿疾患アスベスト(石綿)石綿症

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone