コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阪神水道企業団

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

阪神水道企業団

水道用水の安定供給を目的に1936年、神戸、尼崎、西宮、芦屋の各市が設立。4市は契約している給水量に応じて、計約178億円を毎年支払っている。企業団には議会があり、芦屋を除く3市長と、4市の市議12人の計15人が議員を務める。職員は地方公務員で約240人。4市は企業団からの給水とは別に、それぞれ独自で取水口や浄水場を設けている。

(2010-08-26 朝日新聞 朝刊 阪神 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

阪神水道企業団の関連キーワード琵琶湖開発事業の割賦負担金

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阪神水道企業団の関連情報