コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防火建築帯

1件 の用語解説(防火建築帯の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防火建築帯

都市部の火災延焼を防ぐため、1952年5月施行の耐火建築促進法で設定された。国が区域を指定し、地上3階建て以上の耐火建築物を帯状に建てて防火帯にした。土地の有効利用促進、木材節約の目的もあった。52年4月に大火が起きた鳥取市は第1号として、若桜街道の両側を中心に延長3327メートルが指定された。61年の法廃止までに全国で延べ間口約40キロが耐火建築にされた。権利者が複数に及ぶため、老朽化しても建て替えに難航しているところが多い。

(2012-01-19 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

防火建築帯の関連キーワード級化層理日中関係日野BD型バス(ブルーリボン)カリブ文学吉田茂内閣ジョージ三等重役オリンピック音楽コンクール中山悌一

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

防火建築帯の関連情報