コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

防災対策の重点地域

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

防災対策の重点地域

原子力安全委員会は、原発事故が起こった場合、住民の被曝(ひばく)をなるべく避けるため、あらかじめ重点的な防災対策を講じておくべき地域を分けていた。原発からの約8~10キロを「原子力防災対策を重点的に充実すべき地域の範囲」(EPZ)と選定。今回の見直し案では、約30キロ圏内に拡大し、緊急防護措置のための整備をしておくべき「緊急防護措置計画範囲」(UPZ)とした。さらに、国際原子力機関(IAEA)が示していた、原発事故の時に住民の屋内退避、避難などを実施すべき「予防的措置範囲」(PAZ)を、約5キロ圏内とした。

(2011-10-21 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

防災対策の重点地域の関連キーワード原子力安全委員会

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android