コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿加流比売 あかるひめ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿加流比売 あかるひめ

古事記」にみえる神。
新羅(しらぎ)(朝鮮)の阿具(あぐ)沼のほとりで昼寝をしていた女性の陰部(ほと)に光がさし,生まれた赤玉から変じた美女。新羅王子天之日矛(あめのひぼこ)の妻となる。のち王子といさかいをした時,「わが祖国は日本」といい,日本に戻り,難波(なにわ)でくらす。王子もそのあとを追い,日本に渡来した。難波の比売碁曾(ひめこそ)神社の祭神ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

阿加流比売の関連キーワード日本神話の神々

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android