阿南竹陀

美術人名辞典の解説

阿南竹陀

画家。豊後竹田生。旧姓は波多野氏、名は衡、初名は友彦、別号に臨泉・二雄・酔竹山人・龍洞。初め守山湘帆に、のち淵野桂仙に学ぶ。のち長崎に移り、官吏として市役所に勤めるかたわら、木下逸雲について研鑽を積んだ。名古屋・東京にも住した。昭和3年(1928)歿、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android