コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿南 惟幾 アナミ コレチカ

20世紀日本人名事典の解説

阿南 惟幾
アナミ コレチカ

昭和期の陸軍大将 陸相。



生年
明治20(1887)年2月21日

没年
昭和20(1945)年8月15日

出生地
東京

学歴〔年〕
陸士(第18期)〔明治38年〕卒,陸大〔大正7年11月〕卒

経歴
明治39年歩兵少尉。参謀本部勤務などを経て、昭和2年フランス出張。3年歩兵第45連隊留守隊長、4年侍従武官。8年大佐となり、近衛歩兵第2連隊長、9年東京幼年学校長、11年陸軍省兵務局長、12年人事局長、13年第109師団長、中国山西省に出征。14年陸軍次官、16年在中国第11軍司令官、17年第2方面軍司令官を歴任。18年5月大将に昇進。19年12月航空総監兼航空本部長。20年4月鈴木貫太郎内閣陸相に就任。米内光政海相の早期講和論と対立して本土決戦を主張、ポツダム宣言受諾をめぐる同年8月の御前会議では受諾反対を表明。無条件降伏の聖断が下ると8月15日未明「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」の遺書を残し、割腹自殺した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

阿南 惟幾
アナミ コレチカ


肩書
陸相

生年月日
明治20年2月21日

出生地
東京

学歴
陸士(第18期)〔明治38年〕卒 陸大〔大正7年11月〕卒

経歴
明治39年歩兵少尉。参謀本部勤務などを経て、昭和2年フランス出張。3年歩兵第45連隊留守隊長、4年侍従武官。8年大佐となり、近衛歩兵第2連隊長、9年東京幼年学校長、11年陸軍省兵務局長、12年人事局長、13年第109師団長、中国山西省に出征。14年陸軍次官、16年在中国第11軍司令官、17年第2方面軍司令官を歴任。18年5月大将に昇進。19年12月航空総監兼航空本部長。20年4月鈴木貫太郎内閣の陸相に就任。米内光政海相の早期講和論と対立して本土決戦を主張、ポツダム宣言の受諾をめぐる同年8月の御前会議では受諾反対を表明。無条件降伏の聖断が下ると8月15日未明「一死以テ大罪ヲ謝シ奉ル」の遺書を残し、割腹自殺した。

没年月日
昭和20年8月15日

家族
息子=阿南 惟茂(外務官僚)

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

阿南 惟幾 (あなみ これちか)

生年月日:1887年2月21日
昭和時代の陸軍軍人。大将
1945年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

阿南 惟幾の関連キーワード日独伊三国同盟米内光政内閣終戦反対事件稲葉 正夫野間 惟道稲葉正夫林三郎

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android